TOKYO青春映画祭の審査員が決定しました!

TOKYO青春映画祭の審査員が決定しました!

2021年7月17日渋谷ユーロライブにて開催される「TOKYO青春映画祭」。

当日上映される10本の作品を審査をお願いする審査員が決定しましたので、皆様のプロフィールをまとめました。

審査員の皆様はTOKYO青春映画祭当日にユーロライブにお越しいただく予定ですが、つんく♂さんにつきましてはスケジュールによりオンラインでの参加となる場合がございますのでご了承ください。

また、記事の最後には各賞についてもまとめてあります。

TOKYO青春映画祭の審査員

金子 修介

金子 修介 (映画監督)
84年監督デビュー後、『1999年の夏休み』(88)、中山美穂『どっちにするの。』(89)、織田裕二『就職戦線異状なし』(91)『卒業旅行二ホンから来ました』(93)など、若手俳優を起用した作品群で活躍を続け、95年からはブルーリボン監督賞を受賞した『ガメラ・大怪獣空中決戦』『ガメラ2レギオン襲来』(96)『ガメラ3イリス覚醒』(99)と、平成ガメラ三部作を手掛ける。
2006年には人気漫画を原作とした『デスノート前後編』は国内外で話題に。

タカハタ秀太

タカハタ秀太(映画監督 / 映像ディレクター)
学生時代にテレビ制作会社で演出家・伊藤輝夫(現テリー伊藤)に師事し
映像ディレクターのキャリアをスタート。
「天才たけしの元気が出るテレビ!!」でディレクターデビュー。
「失恋傷心バスツアー」シリーズなどを担当。
その後、フリーランスの演出家として、数々の人気テレビ番組のほか、
WOWOW開局時には多くの音楽ライブ・ドキュメンタリー番組や
モーニング娘。「LOVEマシーン」など数多くのMVも手掛ける。
長編映画デビュー作「ホテルビーナス」(04)でモスクワ国際映画祭コンペティション・パースペクティブ最優秀作品賞を受賞。
2021年8月、監督作、『鳩の撃退法』(主演 : 藤原竜也)が公開予定。

青山 倫子

青山 倫子 (女優/モデル)
1978年12月29日生まれ、千葉県出身。井上訓子時代にモデルとして出演したCMは100本を超え、“モデル界のCM女王”と呼ばれる。代表作である「逃亡者おりん」(TX)への出演をきっかけに青山倫子に改名した。その他出演作にドラマ「島の先生」(NHK)、「先生を消す方程式」(EX)、映画「イッツ・ア・ニューデイ」(主演)、「ネコナデ」などがある。

吉田 豪

吉田 豪 (プロ書評家/プロインタビュアー/ライター)
徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、『男気万字固め』、『人間コク宝』シリーズ、『サブカル・スーパースター鬱伝』『吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集』などインタビュー集を多数手がけている。また、アイドルやサブカルチャーへの造詣も深く、
ミスID、ラストアイドルなどの審査委員も務めている

劔 樹人

劔 樹人 (ベーシスト / エッセイスト / 漫画家)
大学在学中より音楽活動を開始し、2009年より神聖かまってちゃん、撃鉄、アカシックなどのマネジメント、プロデュースを手がける。現在はあらかじめ決められた恋人たちへ、和田彩花等のベーシストとして活動中。著作に「今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」(双葉社)「高校生のブルース」(太田出版)「敗者復活のうた。」(双葉社)など。2021年に「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス)が松坂桃李主演の映画「あの頃。」として実写化された

ノトフ

ノトフ
アイドル戦国時代のアイドルシーンに魅せられる。2015年に東京アイドル劇場を立ち上げ、年間約500公演を上演している。

片桐 彫会

片桐 彫会
編集者。アイドル誌にて撮影、インタビューを行う一方、つんく♂初の絵本『ねぇ、ママ?僕のお願い!』や、YOASOBIの楽曲『ハルカ』の原作小説をイラスト小説化した『ハルカと月の王子さま』など多数の書籍を担当。

ミラナ・ラヴィーナ

ミラナ・ラヴィーナ
2019年11月に活動を開始。映画をこよなく愛するバーチャルYouTuber。映画の魅力を世界に伝えるため、新作映画の紹介や動画配信サービスを利用した同時視聴などの配信活動をしている。ハイテンションかつテンポの良いトークが持ち味。

つんく♂

つんく♂(音楽家・エンターテインメントプロデューサー、作詞家、作曲家、総合エンターテインメント株式会社<TNX株式会社>代表取締役社長)
1988年シャ乱Qを結成。1992年にメジャーデビューし4曲のミリオンセラーを記録。
その後、日本を代表するヴォーカルユニット「モーニング娘。」をプロデュースし大ヒット、代表曲「LOVEマシーン」(1999年)は176万枚以上のセールスを記録。
ハロー!プロジェクトを始め数々のアーティストのプロデュースやNHK Eテレ「いないいないばあっ!」を含む数多くの楽曲提供、サウンドプロデュースを手掛け現在ジャスラック登録楽曲数は1930曲を超える。
プロデュースした任天堂のゲームソフト「リズム天国」シリーズは全世界累計販売本数500万本以上のヒットとなり現在国民的エンターテインメントプロデューサーとして幅広く活躍中。
2015年 第57回日本レコード大賞 作曲賞「うまれてきてくれて ありがとう」受賞。著書に「だから、生きる。」(新潮社)
2025年大阪・関西万博 地元出展に関する有識者懇話会 特別アドバイザーに就任
オンラインサロン「みんなでエンタメ王国」オーナー。2020年10月メディアプラットフォームnoteをスタートさせる。

※スケジュールによりオンラインでの参加となる場合がございます。

TOKYO青春映画祭の各賞

作品賞

  • グランプリ
  • 準グランプリ
  • 審査員特別賞
  • 最優秀中2賞

個人賞

  • 最優秀監督賞
  • 最優秀シナリオ賞
  • 最優秀女優賞
  • 最優秀男優賞
  • 最優秀助演賞 男子部門
  • 最優秀助演賞 女子部門
  • つんく♂特別賞

詳細はTOKYO青春映画祭公式サイトへ

TOKYO青春映画祭について、その他の情報は公式サイトをご覧ください。

TOKYO青春映画祭 -TOKYO Youth Film Festival-